Feeds:
投稿
コメント

1月17日(木)多機能おしの和室にて、居宅介護支援事業所金沢南ケアセンターケアマネジャーの皆さまにこれまでご紹介頂いた利用者様の日頃のご様子や、ケアの取り組みを当事業所秋田主任ケアマネジャーよりご報告させて頂きました。

今ある課題やご要望など意見交換することもでき、とても良い報告会になりました。
これからも定期的に開催していきます。

福祉事業部 坂井
小規模多機能ホームひなの家押野 報告会

小規模多機能ホームひなの家押野 報告会

広告

北陸の12月には珍しい青空広がる12月22日(土曜日)の午後、ひなの家でクリスマス会が行なわれました。

はじめの挨拶とともに職員のハンドベル演奏、全員で「きよしこの夜」「赤鼻のトナカイ」を全員で大合唱。

そして、入居者様ご家族の飛び入り出演で可愛い歌声の「恋のフーガ」に聞き入り、「UFO」では職員も一緒に踊り、「人生いろいろ」に至ってはリサイタルショーを見ているようでした。
その後職員によるマジックショーや石川サンバのダンス。

その後に、なんと!!サプライズゲストにミリオンスターズの選手3名がお越しくださいました。
会場は一気にあつーい声援に変わり更に熱気を帯びることになりました。

今年最後のイベントが終わり、今年もあとわずかになりました。
来年も穏やかな年になりますように。

皆さんもよいお年をお迎えください。

ひなの家でクリスマス会

ひなの家でクリスマス会

ひなの家でクリスマス会

12月11日(火)ひなの家で、石川県済生会金沢病院 感染対策室感染管理認定看護師の坂本信彰先生をお招きし、これから流行が予想されるノロウィルスやインフルエンザを予防するために、感染症対策研修会を行いました。

研修会では菌やウィルスの感染源から身を守る為の方法を、分かりやすく詳しくお話しして、いただきました。
手のひらのバイキン検査の実験では、手を洗う前と後では菌が10分の1に少なくなるのです。手軽に行える手洗いがとても重要なのだと、実感しました。
マスクにも菌をばらまかない。受け取らない。など構造にも理由があるのです。

これからの季節、学んだ事を忘れずに、実行したいと思います。
お忙しい中、お越しくださった坂本先生ありがとうございました。

(福祉事業部 斎藤)
ひなの家で感染症対策研修会

ひなの家で感染症対策研修会

介護報酬勉強会

12月6日(木)本部会議室で 社長室職員と福祉事業部事務担当者と「介護報酬 勉強会」を開催しました。講師は北井智康ひなの家施設長兼介護支援専門員です。

介護報酬の仕組み、各行政との関わり、福祉事業部各事業内容、事務手続の流れなど、パワーポインで説明を行い、そのあと質疑応答の時間を設け、これまで疑問だった事など意見交換を行いました。
今後は定期的に勉強会を開催する事になり、今まで以上に連携しながら仕事を進めていきたいと思います。

福祉事業部 坂井

介護報酬 勉強会

介護報酬 勉強会

12月5日(水)中能登町の天平の里にて「なかのとまち健康フェア」を開催しました。

栄養についての講習と(株)明祥七尾支店様のご協力で骨密度計測、血管年齢測定、ものわすれ測定をしました。

栄養士の方をゲストに迎え、スライドを使って栄養についての説明や、加齢で不足しがちな水分、栄養素などのお話をしていただき、今回は水分や栄養を摂る事ができる食品などを、お渡しすることもできました。

今回で4回目となった天平の里でのイベントで、予想を上回る50人以上の方が参加していただいて、一番にぎやかで、皆様の悩みだけではなく、普段の食生活や、健康についてやご家族のお話など、笑顔にさせていただけるお話も聞くことができました。中には91歳の男性もいらっしゃって、とてもお元気で「お風呂も毎回来た時と、お昼を食べた後にもう1回入って帰るんだよ。」と笑顔で話され、私たちもとても充実した一日となりました。

みなさまに大変喜んでいただけたイベントで大成功でした。

これからもみなさまの健康をサポートしていける様、スタッフ一同努力して、また早い時期に開催できれば良いな。と思っています!

なかのとまち薬局

「なかのとまち健康フェア」を開催しました

「なかのとまち健康フェア」を開催しました

「なかのとまち健康フェア」を開催しました

11月21日(水)18時30分~19時30分、
多機能おしので居宅のケアマネジャーさんと、地域の在宅生活支援について意見交換会をいたしました。

日頃 多機能おしのでの課題 居宅ケアマネジャーとして関わっている在宅支援の課題をお互いの立場で出し合い、解決策など話しあう事ができ、とてもよい会になりました。
これからも 居宅の皆さまと連携しながら地域在宅支援を頑張っていきます。

小規模多機能ホームひなの家 押野
副施設長 琴浦 忍
小規模多機能ホームひなの家おしので意見交換会

11月20日(火)北陸中日懇話会11月例会が金沢ニューグランドホテルで開催され、当社代表橋本社長が、「多死社会の到来~介護が必要となる前に知っておくこと」というテーマで講師を務めました。
多くの企業家やビジネスマンがご出席されていて、とても厳粛な雰囲気でした。

わが国では、2010年に約120万人だった年間死亡者数が2030年代には160万人を超える見通しで、死亡者数が増加し人口が減少する「多死社会」がもうすぐ到来します。
講演では、運営する有料老人ホームひなの家での看取りの経験などを踏まえ、最期まで自分らしい暮しができる「終末期ケア」の大切さ、それにはどのような仕組みが必要か、そして、てまりグループが取り組んでいることなどについてお話ししました。

終了後、多くの参加者から、講演内容がとても身近で大切な事と感じたなどの感想をいただきました。
また、中日懇話会で介護や医療の話をする講師は初めてであり、とても良かったと主催者の方にも喜んでもらえました。

福祉事業部 坂井

北陸中日懇話会で橋本社長が講演しました

北陸中日懇話会で橋本社長が講演しました

北陸中日新聞朝刊(2018.11.21)での紹介記事