Feeds:
投稿
コメント

2020年1月11日(土) 七尾市田鶴浜の社会福祉協議会主催の「これからの地域を支える担い手として。 生活・介護支援サポーター養成講座~地域の支え合いで困りごと 解決のお手伝い~」への講演の機会を頂きました。

1月10日~2月15日までの間、全10回の
①地域福祉活動に興味があり、福祉・介護などの知識・技術を習得したい方。
②講座研修終了後『生活・介護支援サポーター』として活躍して頂ける方。
が参加するという、今までに経験のない講演依頼でした。

当日は、心理カウンセラーの「傾聴とは」と題しての講座と、なかのとまち薬局は「お薬について」の講座で、二本立てで11名が参加され、「こんな時はどうする?」などグループワークを含め、聞くだけではない参加型の研修会でした。今までとは違った雰囲気の講座でしたが、楽しく笑いもありながら進めることが出来ました。

なかのとまち薬局が開局して6年半近くが経ち、中能登町内だけではなく少しずつですが町外でもイベント等をさせて頂けるようになって来た事に感謝したいと思います。

なかのとまち薬局

ひなの家押野通信第1号が発行されました。
今号では、専門学校アリス学院で学んでいる東南アジア留学生2人が、当施設でおよそ1ケ月間介護実習に取り組んだことなどが紹介されています。

詳しくはこちら(PDFファイル)

ひなの家押野通信第1号

12月21日、ひなの家でクリスマス会が開かれると聞き、様々な国のサンタたちが入居者様にプレゼントと共に余興を届けにきてくれました。

初めに遠くの国から来た可愛らしい四人のサンタたちが、きらきら星とジングルベルを、ハンドベルの澄んだ鈴の音がフロアに響き渡り、入居者様も静かに耳を澄ませて聴き入っていました。

次にメイドの国から来た綺麗な四人のサンタたちが登場し、赤鼻のトナカイをBGMに可愛らしいダンスを披露しました。音楽に合わせて大きく手を振り、足を高く上げ、ブレスレットをキラキラさせながら楽しく踊り、皆で一緒に歌いながら盛り上がりました。

今度は暖かい国から来たと言う三人のアフロのサンタ(?)が、やってきました。ヒョウ柄に身を包み、腰ミノをつけ、棍棒を振りまわしながら、ジンギスカンダンスで会場を沸かせます。「ウー!ハー!」と元気に掛け声を上げるその姿に、入居者様のところまで熱気が届く勢いでした。

最後に全員のサンタが集まり入居者様に冬を暖かく過ごすための肌掛けとカップケーキのクリスマスプレゼントをお渡し!来年また会う約束をして次の国へと旅立っていくサンタたちなのでした。

(福祉事業部:羽田)

ひなの家のクリスマス会にサンタがやってきました!

ひなの家のクリスマス会にサンタがやってきました!

ひなの家のクリスマス会にサンタがやってきました!

ひなの家のクリスマス会にサンタがやってきました!

2019.12.4(水)「便秘のお話」と題して中能登町の天平の里にて開催しました。

北國新聞社さんの後援で取材にも来ていただいた中、約30名の方に参加して頂き、皆さん熱心に(時には笑い)講演を聞いてくださいました。

参加者の方の中には、中能登町の広報を見て今回の講演を知り、「是非参加したいと思っていたから当日まで体調を崩さないように心がけて今日来たのよ!聞けて良かったわ~。」と言って下さる方や、「日頃行っている薬局は違うけれど、これまで3年間 なかとのまち薬局のこの講演会は全部来ているの。今日のも良かったわ。」と嬉しい言葉をかけて下さる方、メモ帳を忘れたから友達に借りてまで書いたわ。と言っていただける方もいらして、質問コーナーでは、便秘やお腹の事だけではなく、腰痛などの相談も受けました。

北国新聞社後援で取材も受けました。
これまで、色々な講演を定期的に開催することで、地域の皆様には講演を楽しみにしてもらえるようになり、頼られる薬局になって来ていると感じられました。地域のみなさまには改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

なかのとまち薬局

おくすり屋さんのつぶやき

おくすり屋さんのつぶやき

11月20日野々市市議2名が視察に訪問されました。
橋本社長が小規模多機能居宅介護について説明されました。
地域に根付く福祉事業について具体的に話しました。

市議の方は、時折談笑され、笑顔を見せる利用者にあたたかなまなざしで応対されていました。ちょうど、アリス学園から実習に来ている留学生2名も同席。
福祉事業への熱い思いを語る橋本社長の話に感動されていました。

小規模多機能ホームひなの家押野 橋谷

小規模多機能ホームひなの家押野

小規模多機能ホームひなの家押野

11月17日「第7回てまり学術大会」を開催しました。各事業所の取り組み・研究成果を知ることができる学術大会は、毎年行っているてまりグループの重要な行事の1つです。今年は初の秋の開催で、会場も新しく「にぎわいの里ののいちカミ―ノ」で行いました。

午前中は、株式会社箔一の創業者浅野会長より「強くしなやかな経営」をテーマとした特別講演を拝聴しました。会長は、「夢は逃げない、逃げるのは自分」とおしゃったことが強く心に響きました。私も何事にも逃げず、挑戦していきたいと強く思いました。

午後に行われた学術大会では、各事業所の取り組み・研究成果についての発表を聞きました。どの事業所の発表も興味深く、とても勉強になり、今後の業務に活かしていきたいと思いました。ありがとうございました。来年の学術大会も楽しみです。

てまり古府薬局 松村

てまり学術大会を行いました

てまり学術大会を行いました

てまり学術大会を行いました

10月1日 てまりグループ 2020年度入社の内定証書授与式が行われました。

笑顔が素敵なパートナー志望の学生さんが緊張した様子で内定証書を受け取っていました。挨拶や話を聞く姿勢がとても良く、やる気が伝わってきました。

私は先輩社員として挨拶を行い、2年前は内定者として座っていいたころを、思い出しました。

今回、先輩社員として式に参加でき、とても光栄に思いました。私ももっと勉強して、新入社員をしっかりとサポートできるような先輩になりたいです。

(てまり野々市薬局 清水)

2020年度入社内定証書授与式

2020年度入社内定証書授与式

9月29日(日)小規模多機能ホーム「ひなの家押野」にて秋のてまり健康祭りを行いました。

てまりグループには小規模多機能ホームひなの家に加え、有料老人ホームひなの家、そしてリハビリ型デイサービスてまりフィットネスがあり、今回は地域の方々への感謝の気持ちとして、私たち専門職ができること凝縮したイベントを企画いたしました。

握力をはかり、片足立ちの秒数や歩行のタイムをはかり点数をつける体力チェックを実施し、ご参加いただいた方々は年齢別の平均値と測定されたご自身の結果を見比べていました。理学療法士からは体力チェックの結果をもとに運動や健康に関するアドバイスを行い「家でも運動するわ」という方もいらっしゃいました。

また今回は、in bodyという機器を使用して、筋肉量、脂肪量などを測定し、ご自身の身体の状態を知ることができ、より健康づくりに興味、関心をもっていただく機会になったのではないかと思いました。

その他にもご参加いただいた方々には、スタッフ手作りのおからクッキーとプリンの軽食サービスを行い、「美味しかった」というお声をいただきました。

今回のイベントにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。これからも色々企画して、喜んで頂きたいと思います。

(てまりフィットネス理学療法士 松山、西谷)
秋のてまり健康祭り
秋のてまり健康祭り
秋のてまり健康祭り

今年も、ひなの家の夏祭り行いました。

8月24日11時から始まった夏祭り。今年も、色々と趣向を凝らした屋台を出しました。

入居者様はご家族様やスタッフと一緒に屋台をどこから見ようかな?と、まずは射的やくじ引きでは何がもらえるかワクワクしつつ、お菓子などの景品をゲットしていました。食べ物のコーナーではホットプレートの上で焼いたばかりの焼き鳥やフランクフルトを「おいしい、また食べたい」と満足そうな様子でした。

他にも、カレー・スイカ・かき氷・水羊羹・大根田楽・ポテト・コーヒーなど嬉しそうにご家族やスタッフと食べられていました。
おなかが満たされた次には、金沢市在住の女性4名グループ「ゆずり葉」の方々による和太鼓・篠笛・津軽三味線による演奏が行われ、大きな拍手!最後に皆様で「ふるさと」合唱し、会場全員が一つとなり大きな音を奏でました。

そして、お待ちかねのスタッフが5月に夏祭り係を決めて以降、業務の合間や夏祭りの前何度も練習をし「お祭りマンボ」でダンスのお披露目です。
入居者様も良く知っている曲だったので、手拍子をしながら皆もノリノリでリズムにのっていました。本番では皆様に喜んで頂く事ができ、とても嬉しかったです。

最後に炭坑節を入居者様・スタッフ皆で踊り、楽しく夏祭りを終えることができました。
毎年、どうしよう、こうしようと、入居者様、ご家族に楽しんでいただける様に、考える事で一丸となって、とても良い経験をさせて頂いています。

お手伝い頂きました皆様、本当にありがとうございました。

(福祉事業部 羽田)

ひなの家の夏祭り行いました。

ひなの家の夏祭り行いました。

ひなの家の夏祭り行いました。

令和元年8月6日(水) なかのとまち薬局において「こども お薬教室」を開催いたしました。
5人の小学生に参加して頂きました。

一人ひとり白衣に着替え
◎処方せんの見方や書き方の勉強
◎分包機を利用してガムやチョコレートを分包
◎カルピスで水剤の計量
◎チョコクリームとミルククリームで軟膏の混合体験など

初めて入る調剤室や薬の種類に圧倒されたようで、沢山のお薬の中から薬の代わりのお菓子を探したり、分包機や水剤の計量に緊張していましたが、丁寧にしっかりと頑張っていました。
この体験を生かして、薬剤師という仕事に興味や関心を持ってもらえたらなと思いました。

最後に参加して頂いた5人の小学生薬剤師とご家族の方々には、このような貴重な機会を与えて頂きました事に感謝いたします。本当にありがとうございました。

なかのとまち薬局

なかのとまち薬局『こどもお薬教室』開催!!

なかのとまち薬局『こどもお薬教室』開催!!