Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2017年7月

7月25日・26日とふじはしまち薬局で、健康フェスタを開催致しました。
目標としていた40名を超える41名の方に来局して頂きました。
ありがとうございます♪

今回は、お薬のついでではなく、わざわざ健康フェスタを目的に来局くださる方が、とても多くいらっしゃいました(^^♪

なんと!!!かほく市の内灘からも健康フェスタの為だけに来て下さいました!!

スタッフ一同、嬉しい気持ちになるとともに感謝の気持ちでいっぱいです(*^。^*)
ありがとうございます。

また次回の開催が決まり次第、皆様にご案内させて頂きますので、ぜひご参加いただければと思います(^_^)v★

スタッフ一同お待ちしております\(^o^)/♪

(ふじはしまち薬局)

ふじはしまち薬局で健康フェスタ

広告

Read Full Post »

7月5日(水)に本部にて「デキる男性のためのマナー研修」を受講しました。
内容は「好感・安心感を与えるマナーの基本」「感じの良い電話応対」の2本を柱としたものでした。

中でも印象に残ったのは話の中にあった「好感・安心感を与える5つのポイント」。それは「あいさつ」「表情」「身だしなみ」「言葉遣い」「態度」の」5つ。
どれを取っても相手に印象を与えるものであり、無意識に出てしまっているもの。「メラビアンの法則」は印象や感情を判断する要素を割合として表したもので言葉7%、聴覚情報38%、視覚情報55%とあり目に見える情報が半分を占め、それが相手の視界に入ってから6~7秒で印象が決まり、それが2年間潜在意識として残ると聞いた時は驚いたと共に第一印象を大事にしないといけないと感じました。

研修の中では隣の席の人と身だしなみお互いの身だしなみチェックをし合ったり、自己診断チェックをしたりしたわけですが、出来ていない項目もあり、知っていても出来ていない事もあり痛感させられました。
 後半は電話応対で相手方が名指しした人の名前の確認(○○でございますね?等)や要件に対し、1つ1つの確認や復唱がいかに大事か、相手方を不安にさせないかなどを含め、丁寧でゆっくりと確実に対応していきたいと感じました。

「自分の印象・マナー=てまりグループの印象のマナー」となる事を意識してしっかりと対応していきたいです。
マナーの意味合いは礼儀の他にも「相手に対する思いやりが形になったもの」というのもあり、常に思いやりをもってどのような時にも接するよう心がけたいと感じました。まずは挨拶から意識を変え、

あ:あかるく、愛を込めてアイコンタクト
い:いつでも
さ:先に、さわやかに
つ:続けてプラス一言

これを念頭に置き、少しずつ「知っている」→「出来ている」に変えていき、「デキる男性」になれるよう頑張ります。

(もものはな訪問介護管理者 的場 宏彰)

Read Full Post »

毎日暑い日が続いていますね。
ひなの家では午前と午後のティータイムの前に毎日様々な体操を行っています。
この日はごぼう先生のDVDにあわせての体操でした(^^)v

みなさん、和気あいあいと体操されています♪
座ったままでもできる体操なので、たくさんの方が毎回参加してくれています。
数十分の体操でも毎日コツコツすることで筋力の低下を予防できます。

私も毎日コツコツ頑張ります。

(福祉事業部 萩野)

ひなの家で体操

Read Full Post »

AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

平成28年における日本での救急車の到着時間は平均8,6分です(総務省消防庁)。
緊急を要する事態では1秒も無駄にはできません。
より安心して運動をしていただけるよう、環境面においてもバージョンアップしていきます。

てまりフィットネス 理学療法士 要明元気(ようめい もとき)

aed_sp

Read Full Post »

暑い日が続いておりますが、体調はいかがでしょうか?

連日の報道にもありますように、7月に入り熱中症での救急搬送者が増加しています。(総務省HPより)

てまりフィットネスでは安全に運動やリハビリを行っていただくために、エアコンでの暑さ対策や血圧や体温などのバイタルチェックに加えこまめな水分補給を推奨しております。
トレーニングの合間に「水素水」で水分補給を行い、トレーニングの後には「水素水ボトル」に水素水を入れお持ち帰りいただいております。

これからも、安全に運動ができるようスタッフ一同サポートさせていただきます。

てまりフィットネス 理学療法士 要明元気(ようめい もとき)

nechushou

suisosui_sp

Read Full Post »

7月20日、小規模多機能ホームひなの家押野では、開所式と特別講演会が開催され、約100名の方にお越しいただきました。開所式では、弊社代表取締役の橋本が、「みんなが輝くためにをコンセプトに、居心地のいい場所をつくり野々市市のみなさんに喜んでいただけるホームにしたいと」とご挨拶させていただきました。

また、開所式のあとに行われた特別講演会では、介護業界でいま最も注目されているおひとりで、多くの介護関係者の見学が絶えない、高齢者向け介護施設「あおいけあ」代表の加藤忠相氏をお招きし、「地域をたがやす小規模事業所の実践」をテーマに講演をいただきました。映画ケアニンのモデルにもなった加藤氏は、良い介護人材って何ですか?という問いかけからはじまり、介護に対する思い、姿勢を語られ、小規模多機能ホームの方向性を示していただけました。

小規模多機能ホームひなの家押野は、いよいよスタートです。

ひなの家 押野

ひなの家 押野

ひなの家 押野

Read Full Post »

小規模多機能ホーム「ひなの家 押野」では、オープン前前に内覧会を行いご近所の方やご関係者のなど多くの皆さまにお越しいただきました。ありがとうございます。
内覧会では、カルテット演奏やハーブ商品などの販売コーナー、お薬相談、健康相談コーナーなど多彩なイベントとともに、真新しい施設を見学していただきました。

ひなの家押野内覧会

ひなの家押野内覧会

ひなの家押野内覧会

ひなの家押野内覧会

Read Full Post »

Older Posts »