Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2009年11月

第42回北陸信越薬剤師学術大会・第49回北陸信越薬剤師大会が、平成21年11月14日(土)と15日(日)の2日間、福井県の福井商工会議所で開催されました。

てまり薬局では、「こどもお薬教室を開催して」(てまり薬局)及び「保険薬局におけるインスリン適正使用についてのアンケート調査」(てまり下牧薬局)について、発表しました。

参加者からは、次のような報告が寄せられました。

・「薬局実務実習を成功させる為には」の講演を聞き、来年の実務実習が始まるまでに早急に準備が必要であること、薬剤師レベルの向上が急務であることを実感しました」
 
・「ブロッキング現象とエラー報告に関する調査報告とエラーの背景にある心理状態」の講演を聞きました。エラーについては個人の感情で起こることと職場の人間関係等で起こるという報告がありました。これはどこでも起こりうることだと実感しました。
 会社内での話し合いやスタッフ間の連携が必要だと痛感しました。また、個々のカウンセリングも有効だといういうことですので、また職場内での会議に持ち込みたいと思っています」

・「患者様が望むジェネリック医薬品と薬剤師が選ぶジェネリック医薬品の相違」の講演についてを聞きました。患者様が選ぶジェネリックは安くて安全であるものを選ばれることが多く、色、大きさ、におい等ではあまり考えないとの調査報告あがっているとのことです。薬剤師の選ぶものは、少しでも先発品に近いもの、色、大きさ、におい等2者間には隔たりがあると感じました。またみんなで考えたいと思います」

「こどもお薬教室を開催して」、「保険薬局におけるインスリン適正使用についてのアンケート調査」の発表概要については、近日中にホームページにアップする予定です。

 

 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

Read Full Post »

12月1日の開局に向け、各種手続きなど慌しい日々を送っています。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

Read Full Post »