Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2018年7月

ここ数日間、30℃を超える熱い日が続いていますね。
7月7日に、夏をテーマとした「てまり井戸端会議」を開催し、7名の方にご参加いただきました。

今回は、夏を元気に過ごすためのミニ講演、虫よけアロマスプレー作り、無料健康相談という内容でした。ミニ講演では夏バテにならない食事、熱中症、UV対策について説明いたしました。UV対策としては日焼け止めをうすく二度塗りすること、敏感肌の方にはノンケミカルの日焼け止めを使用するのもおすすめです。

ご参加いただいた方はノンケミカルの日焼け止めについて興味を持たれていました。
「日焼け止めを選ぶときの参考に」と、みなさん真剣に聞いてくださり、虫よけアロマスプレーは、レモングラス、テラアーマー、ティーツリーの3種類のアロマから自分好みのアロマオイルを1つ選び、無水エタノールと精製水を入れ混ぜて振るだけと意外に簡単に作れます。

とてもいい香りで、肌にも優しいので、参加してくださった方は、喜んで「楽しかった」「次回も参加したい」と言って頂きました。ありがとうございます。地域のみなさまと楽しい時間を過ごすことができ、本当に良かったです。
これからも地域のみなさんとのつながりを大切に、健康をサポートする薬局を目指してまいります。次回も楽しい企画をご用意します。みなさんぜひご参加ください。

(てまり古府薬局 松村)
てまり古府薬局で井戸端会議を開催しました
てまり古府薬局で井戸端会議を開催しました

広告

Read Full Post »

7月14日と15日に横浜パシフィコで開催された「第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会」で、
「リハビリ型デイサービスにおける維持期心リハの受け皿としての可能性」という演題で、てまりフィットネスのこれまでの活動を発表しました。

「心臓リハビリテーション」とは、心臓に疾患を抱えた方が、低下した体力を回復し、精神的な自信を取り戻し、安心して日常生活を送ることをひとつの目標としています。さらに、再発を予防するために、運動療法や患者教育、生活指導、カウンセリングなど総合的な支援を行うこととされています。

その中で、退院後に安心して運動を継続する施設の少なさが全国的な課題となっており、当施設の果たす役割は今後も大きいといえます。これまでの活動を発表することで、全国の医療スタッフと情報を共有でき、とても有意義な時間を過ごすことができました。

今後も、利用者様が安心して運動ができる環境をつくり、私自身も成長できるよう研鑽を継続していきます。

■演題:リハビリ型デイサービスにおける維持期心リハの受け皿としての可能性
■演者:要明元気(理学療法士、心臓リハビリテーション指導士)
■共同演者:小川雄右、西谷拓也

(てまりフィットネス 要明元気)

第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会で発表(てまりフィットネス)

Read Full Post »